シェットランドシープドッグの犬図鑑

シェットランドシープドッグの歴史

その長い名前を縮めて「シェルティ」という愛称で親しまれているシェットランドシープドッグは、イギリス・スコットランド地方のシェットランド諸島原産の牧羊犬です。祖先犬はラフ・コリーやボーダー・コリーと同じスピッツやスパニエルから作出された牧羊犬と考えられています。イギリス本土のスコットランド地方に定着していたボーダー・コリーと異なり、シェルティは気候の荒いシェットランド諸島で生きていました。牧草地は狭く、土地はやせており、家畜も小さいサイズとなっていましたので、そこに適応するように選択が進み、シェルティも小型化したと考えられています。

同じ牧羊犬ではありますが、ボーダー・コリーが家畜を集めて誘導し移動させるのに対して、シェルティは家畜が牧草地に隣接した畑に侵入して畑や作物を荒らさないように、吠えて警戒する役割であったとされています。
長い間シェットランド諸島のみで繁殖していたシェルティは、19世紀後半になると、この島を訪れていたイギリス海軍の兵士たちによって、本土に持ち帰られるようになりました。当時人気のあったラフ・コリーと交配することで外見が似ることになったものの、サイズが大きくなってしまいました。そのため、ポメラニアンやキング・チャールススパニエル等との交配でサイズを小さく戻されて、美しい容姿とより人に親しみやすい気質が高められました。
この経緯によりシェルティは一時、シェットランド・コリーと呼ばれていましたが、この名称にラフ・コリーの犬種団体が異議を唱えたため、シェットランド・シープドッグという名前になりました。

20世紀に入り現在のシェルティに近い形にまで改良が進むと、ラフ・コリー似の優雅な外見と生来の賢さ、すばしっこさ、家族に対する愛情の深さなどで世界中で人気を集めるようになりました。
自分で判断する知性と状況への理解力があり、運動能力が高く服従性が高いため、アジリティなどのドッグスポーツやオビディエンス(服従訓練)でも活躍し、ボーダー・コリーが現れる前には、常にシェルティが上位に入賞しているほどでした。なお、現在は牧羊犬として使われている例はほとんどなくなったようです。

シェットランドシープドッグの特徴

シェルティは体長が体高よりやや長く、筋肉質で敏捷です。胸は船形で深く、鼻は長く、耳は前方に向いており、先端が前に折れているものが理想とされています。
小型のコリーとされていますが、ラフ・コリーとは足と胴体のバランスや首の位置などのプロポーションが異なるため、そのまま大きくしてもラフ・コリーの外見にはなりません。また、頭蓋骨では鼻根と目の間にストップがあることが標準とされていますが、ラフ・コリーにはありません。
首まわりから胸にかけて襟巻のような豪華な飾り毛があります。また、全体にオスの方が毛量が豊かなことが多いようです。

シェルティの大きさについては、日本ではオスの体高37cm、メスでは35.5cmが標準とされており、33cm未満、上限40.5cmを超えるものは好ましくないとされています。シェルティは作出から100年近く経過した現代でもいまだにサイズが安定していないため、繁殖犬の基準となるスタンダードでは、とりわけサイズについて世界中で厳しい規定が設けられています。

シェットランドシープドッグの性格

シェルティは活発で感受性が強く、時に繊細な面を見せます。服従性が高く、状況を判断する知性があり、理解力があります。
また、牧羊犬時代の資質で警戒心が強く吠えるため、番犬の役割を果たすことができます。

シェットランドシープドッグの飼い方

身体の大きさの割に体力があるシェルティには、1日に1時間以上の散歩が必要です。運動不足でストレスがたまると、無駄吠えの原因となることがあります。家族に対する愛情が深く、家族と遊ぶことを好みますので、ゲームや訓練を取り入れるのも良いでしょう。

吠える声は比較的大きく、またよく吠えるため、集合住宅などでの飼育には工夫が必要なことがあります。吠えの原因となる警戒心の強さはシェルティ生来のものですので、安心できる環境を作ってあげる必要があるでしょう。

毛質はダブルコートで、年に2回程度の換毛期以外にもよく抜けます。週に1~2度はブラッシングをしてあげましょう。

シェットランドシープドッグの毛色

シェルティは毛色のバリエーションが多く、基本はセーブル(茶色)、ブラック、ブルー(灰色)に、白やタン(薄茶色)が組み合わされます。
その結果、セーブル&ホワイト、トライカラー(黒白とタン、ブラック&ホワイト&タンと呼ぶこともある)、ブルーマール&タン(灰色と白とタン、単純にブルーマールと呼ぶこともある)、それにタンが入らず2色で構成されるバイブラック、バイブルーと5種類があります。なお、ブルーマールとバイブルーのみ、青い目が許されています。
セーブルの中に、ブルーの持つ淡色化遺伝子を持つセーブルマールというものがありますが、この色素の犬では奇形や遺伝疾患が起こるため、セーブルマールは公認されていません。
また、黒とタンだけで構成されるブラック&タンは、シェルティの作出当初はあったと伝えられているようですが、選択交配が進む中、世界中で見られなくなった毛色です。

シェットランドシープドッグの気を付けたい病気

シェルティのかかりやすい病気として、甲状腺機能低下症があります。不活発になり、太り気味となり、睡眠時間が長く、脱毛が起きるなどの特徴があります。この病気では終生の投薬が必要となります。

遺伝性疾患として、角膜ジストロフィーが起きやすいとされており、黒目部分に外から見たモヤがかかるようになりますが、白内障と異なり失明することは少ないとされています。
また、シェルティは遺伝的なてんかんの起きやすい犬種と言われています。

< シェットランドシープドッグ(シェルティ)のお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,215人が「いいね!」と言っています。
渡辺信行
木浪 新悦
小林 正則
百瀬 正彦
Fumiko Watanabe
黒川 勲
Noda Zhāng
伊藤 恵子
新着子犬お知らせメールサービス シェットランドシープドッグ(シェルティ)の子犬お探しコーナー ドッグショー特集 チャンピオン犬 輩出・在籍のシェットランドシープドッグ(シェルティ)のおすすめブリーダー特集

毛色からシェルティの子犬を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

シェルティの名前ランキング

  • 男の子
    1位ルーク
    2位マロン
    3位るい
  • 女の子
    1位この
    2位さくら
    3位もえ
>> 名前ランキングをもっと見る