ドッグショーは、犬種の普及や改良、保存を目指して日本全国で開催される、犬の品評会。よりよい犬を作出するため、「みんなのブリーダー」の登録ブリーダーも数多くが参加しています。このページでは、ドッグショーの結果と受賞犬をご紹介します。

ドッグショーとは

出陳犬紹介

もっと見る

ドッグショー取材記事

  • FCIジャパンインターナショナルドッグショー 2017

    2日間にわたって約125犬種・出陳頭数2300頭の純粋犬種が集まる日本最大規模のドッグショー。
    ここで最優秀犬(BIS)に選ばれることは日本一と等しいといっても過言ではありません。
    ドッグショー以外にも「トリミング競技大会」や「アジリティー」、「災害救助犬のデモンストレーション」など
    イベントが盛りだくさん。犬好きならきっと誰もが楽しめるビッグイベントです。

    詳しくはこちら

    FCIジャパンインターナショナルドッグショー 2017の模様はグループサイト
    「みんなのペットライフ」でも紹介しています。

    みんなのペットライフ FCIジャパンインターナショナルドッグショー 2017特集

ドッグショーとは?

ドッグショーとは、「スタンダード(犬種標準)」をもとに純血犬種を審査する品評会です。ドッグショーには純血犬種の魅力を広め、犬種ならではの外見や性格、能力といった特性を後世に遺すという目的で開催されています。
審査の基準は「スタンダードにどれだけ近いか」であり、単に犬の美しさを競い合うものではありません。そのため、まったく大きさや毛質、性格の違う犬種を比較することも可能なのです。

ドッグショーの審査はトーナメント方式。ルールはショーの種類によって多少異なりますが、入賞すればロゼットというリボンやトロフィーが与えられます。賞金などはありませんが、入賞は犬にとってもブリーダーにとっても大変な名誉です。
ドッグショーは犬種そのものの特性を普及・保存する目的のほかに、ブリーダーの繁殖方法の正しさを称え、評価するという側面を持っています。ブリーダーにとってドッグショーは、自分が繁殖・育成した犬がどれだけスタンダードに近いかを知り、研究・改良に生かす機会でもあります。

  • FCIジャパンインターナショナルドッグショー 2017

    2日間にわたって約125犬種・出陳頭数2300頭の純粋犬種が集まる日本最大規模のドッグショー。
    ここで最優秀犬(BIS)に選ばれることは日本一と等しいといっても過言ではありません。
    ドッグショー以外にも「トリミング競技大会」や「アジリティー」、「災害救助犬のデモンストレーション」など
    イベントが盛りだくさん。犬好きならきっと誰もが楽しめるビッグイベントです。

    詳しくはこちら

    FCIジャパンインターナショナルドッグショー 2017の模様はグループサイト「みんなのペットライフ」でも紹介しています。

    みんなのペットライフ FCIジャパンインターナショナルドッグショー 2017特集

ドッグショーに関する用語集

ドッグショーでは、ふだん聞きなれない特殊な言葉がたくさん使われています。用語の意味を知り、
より深くドッグショーを理解しましょう。

ドッグショーの用語集はこちら ドッグショーに関する用語集
 > ドッグショー特集

ページの先頭へ